与謝野晶子、荻原井泉水が愛した佇まい。

山荘へ 玉簾の瀧流れ入り
客房の灯を もてあそぶかな

玉簾の滝  涼を感じる、箱根湯本のひんやりスポット

天成園は、建物だけでなく瀧を中心とした庭園も生まれ変わりました。かねてから箱根湯本の名所で、気軽に訪れることができる「パワースポット」のひとつ「玉簾の瀧」(たまだれのたき)の魅力もいっそう高まりました。
天成園は、稲葉氏(小田原城主の家系)の別邸があったこの敷地に、約60年前に開業した温泉宿泊施設でした。建築に際しては、この地の自然を愛した自由律の俳人・荻原井泉水(おぎわら・せいせんすい)も協力、「天成園」の名(天の成したる園の意)、および各部屋の命名や揮毫を行いました。庭園には、「玉簾の瀧」「飛烟の瀧」(ひえんのたき)の二つの瀧が流れ、瀧の源流となっている湧水は、古くから「延命の水」として親しまれ、箱根越えをする旅人らにうるおいと活力を与えていました。 歌人・与謝野晶子もこの瀧の風情にふれ、「山荘へ 玉簾の瀧流れ入り 客房の灯をもてあそぶかな」と歌に残しています。

玉簾の滝(たまだれのたき)・飛烟の瀧(ひえんのたき)

玉簾の瀧は、高さ約8メートル・幅約11メートル。流れ落ちる清水が「たますだれ」のように細かく美しいことから、この名で呼ばれるようになりました。水音の美しさも特長です。注連縄が飾られていることで見分けられます。

飛烟の瀧は、高さ約20メートル・幅約10メートル。名の「烟」は「けむり」の意味で、その名の通り、水しぶきが煙のように立ちこめる瀧です。玉簾の瀧と比べて力強さが感じられます。

たまだれ庵

このように、文人墨客や旅人らにこよなく愛された「玉簾の瀧」を含む庭園の魅力をさらに堪能していただくため、本館ラウンジなどから瀧が眺められるように設計したことをはじめ、ゆっくりとくつろげる茶屋「たまだれ庵」を設けました。名物「そうめん流し」やおでん各種、甘味など、庭園の景色お楽しみながらおくつろぎいただけるメニューをご用意しております。

2017年12月3日

★天成園オリジナル「クリスマスケーキ」販売のお知らせ★(カフェ「プルミエール」)

2017年12月3日

★「今月の名酒紀行」のお知らせ★(お食事処「瀧見亭」/「憩い処」)

2017年12月3日

★12月&1月限定!「フランスワインフェア」のお知らせ★(お食事処「瀧見亭」)